logo header
協会の活動

プラスチック循環利用協会講演会(2016年11月18日講演)
水循環の持続可能性と環境影響評価
―プラスチックとの関わり―

伊坪徳宏先生は、東京大学大学院博士課程(工学)修了後長年LCAの研究に取り組まれ、ライフサイクル環境評価手法構築をライフワークとされています。近年水問題への注目度が高まる中、ウォーターフットプリント(WF)のエキスパートとして多方面で活躍され、2014年のWF国際規格「ISO14046」発効の際には、日本代表を務められました。持続可能な社会形成に向け、数多くの製品・サービス・イベントのLCAによる「環境影響見える化」を推進してこられた伊坪先生に、今回、WFの観点による、水に焦点をあてた講演をしていただくことになりました。  以下はその講演要旨です。

…>続きを読む


2016年度の出前授業・教師向け研修・イベント協力等

2016年度は、関東地区を中心に計17校・21か所でプラスチックリサイクルに係る出前授業の実施、教師研修の支援、国・自治体イベントへの参加および博物館・科学館への協力を行いました。内訳は出前授業が小学校12校(24クラス)、中学校5校(22クラス)、教師研修が2か所、国・自治体イベントが15か所、博物館・科学館が4か所です。

…>続きを読む


…>バックナンバーはこちら